エクストレイルT31 ブレーキパッド&リアブレーキディスク&フルード交換

10万キロを超えたエクストレイルのブレーキ関係のメンテナンスです。

まず、リアブレーキディスクの交換。

ジャッキアップしてタイヤをはずしたら、14㎜のメガネでキャリパーボルトをはずします。

針金でキャリパーはつるしておいて、キャリパーサポートの2本の17㎜ボルトを緩め…ん?ガチガチ。。。むり…

パイプを使ってゆっくり・・・バキッ!相当きつく締まっちゃってますね~

ディスクは固着してますからゴムハンマーでコンコン…コンコン叩いてからはずれました。

ささっと掃除して新しいディスクを取付て、パッド、フルード交換して反対側も。

リアが終わったらフロントへ。

今回フロントディスクは見送り。パッド、フルードのみ。

パッドグリスやラバー部はラバーグリス。

ここは8㎜メガネです。せっかくなのでタイヤ取付前にキャリパーをきれいに塗りました。パッド、フルード交換後は何回かブレーキペダルを踏んで、確認してから車を動かす事は言うまでもない事です。

コメントを残す