アバルト500クーラント交換

定期メンテナンスのクーラント交換です。

純正品を使用しました。

ジャッキアップしてウマかけてアンダーカバー外します。

ドレンコックは見えにくい所にあります。

手で緩めてクーラントを排出していきます。

リザーブタンクのキャップを外すと勢い良く出ますから注意です。

出し切ったらドレンコックを軽く締め水を入れてエンジン始動。

数分後エンジン止めてドレンコック緩めて排出。

2,3回すすぎ洗いをしたらドレンコックを強く手で締めて希釈したクーラントを入れていきます。

後はエンジンかけてエア抜き。

アクセル踏んでエンジン回転上げると少しずつエアが抜けてクーラントが入っていきますね。

アイドリングでもなかなかの音なので、ちょいちょい回転を上げる程度でやってましたが、なかなかサーモスタット開かない。

クーラント交換は気長にやりましょう。

で数分後、やっとサーモスタットが開きファンが回りました。

一気にエアが抜けてクーラントが入りました。

クーラントをFULLまで入れて作業終了。

 

コメントを残す