エッセ ベルト&ウォーターポンプ交換

ジャッキアップしてタイヤ外してタイヤハウス内のカバーを取れば見えます。

下から覗くと

まずは一番上のパワステベルトから。

エアクリボックスを外して、パワステポンプを固定している上下2本の12㎜ボルトを緩めます。

上から

下のボルトは見えにくい=緩めにくいです。

スペースがないので短めのメガネじゃないと厳しい…

ボルトを緩めてパワスポンプを動かせばベルトは外せます。

次はエアコンベルト。

コンプレッサー固定ボルト2本12㎜を緩めてベルトを外しますが、上のボルトにアクセスするには前からが良さげなのでバンパー外して作業しました。

最後はオルタネーターベルト。

オルタネーター固定ボルトは上下2本14㎜と張り調整ボルト10㎜。

ベルト交換は狭い場所ですので、長さの違うメガネやラチェットを使い作業しました。

異音の確認の為、怪しいウォーターポンプを手で回してみると、重くキーキー音がするのでプーリーもセットで交換です。

社外品のGMBのセット内容

ウォーターポンプ、プーリー、ガスケット、プーリーボルト。

LLCも交換して新しいベルトを張って終了。

個人的にミツボシは鳴きやすいという印象ですので、ベルトはバンドーと決めております。

 

 

 

 

コメントを残す